SWIFTJIB50 KIT, REMO30, CU30, TR-320, LS-100, RS-350他
Canon EOS C300
2013年4月に公開された栗村実監督による映画『桜、ふたたびの加奈子』
ロケは、栃木県足利市を中心に行われた。
SWIFTJIB50やREMO30をはじめLibec製品を映画全編で使用しました。屋外にてレール上のドアウェイドリーに SWIFTJIB50 KITとREMO30を搭載したり、食卓の場面では、JIB50のアームを短くして真俯瞰撮影を行いました。他にも建物の2階よりアームを窓の外にせり出して役者が家から飛び出していくシーンも真俯瞰で撮りました。また、自転車や走りのシーンでは、トラックの荷台にSWIFTJIBとREMO30を載せて並走して使用するなどあらゆるシーンの撮影に活躍しました。
アームの長さが自由に調整できる点が、限られた狭いスペースでの撮影に非常に便利かつ効果的でした。また、旧製品のJB-30も多くの撮影で使用してきましたが、SWIFT JIB50は、アームが最大で2倍近くも伸びるため、高さはもとより、アームの横の振り幅を広く稼ぐことができ、より表現豊かな撮影効果が得られました。また、SWIFTJIB50 KIT、REMO30ともに携帯性に優れ、現場での持ち運びやセットアップが非常に快適であったことも付け加えておきます。