RS-250DM
CANON EOS 1DXmark2
夜の羽田空港で離陸、着陸、タキシングを狙った。
羽田空港の展望デッキや空港周辺で日没から夜にかけて撮影。高ISOで止めるシーンや時速200キロ近くで着陸してくる機体を流し撮りに使用しています。
夜の羽田空港で撮影に及びました。これまではレンズに装備されている手振れ補正機能に頼っていましたが、そこにはやはり限界が。 特に超望遠レンズ500F4Lでの手持ちは体力的に厳しいと感じています。 RS-250DMは疲れることなく着陸シーンを的確に捉えてくれました。テンションを切り変えることで機体の動きに合わせることも出来ます。カメラはスライドプレートで簡単に外せるので機動力が良いと思います。 また、撮影が夜でしたので水準器のLED照明が嬉しかったです。