Libec

Global site USA site Espanol site Russian site German site Chinese site

 
Libecについて
"Libec"は、映像技術の進化や時代の変化を見据えた製品を展開するグローバルブランドとして1989年に誕生しました。"Libec"ブランドのラインアップの中心は、プロビデオ用三脚/ヘッドですが、現在では、ペデスタル、ジブアーム、電子制御によるリモートヘッドやリモートコントロールなどもラインアップに加わり、日本国内だけでなく世界各国で高い支持をいただいております。常にお客様のニーズやその変化に耳を傾け、機能性、操作性や耐久性はさることながら、プロダクトデザイン、材質研究や軽量化といった幅広い開発テーマにチャレンジし,新しい商品を創り続けています。生産面では、本社工場に加え、2007年には台湾に100%出資の製造子会社Libec Technology Taiwanを設立し製造拠点の拡充を図り、販売・マーケティング面では、2006年に米国、ロサンゼルスに北中南米地域の販売統括子会社Libec Sales of Americaを、2017年にシンガポールにて東南アジア地域の販売統括子会社Libec Asia Pacificを設立するなど着実な成長を続けています。
会社のあゆみ
1951年
山口 勲 個人経営にて写真機用三脚製造を始める
1955年
代表取締役 山口 勲が現社名 平和精機工業株式会社を東京都北区に設立
1960年代
他社ブランドでのOEM供給で海外展開を開始
1970年代
自社ブランド"HEIWA"による写真用三脚の海外展開を本格的に開始
1972年
埼玉県八潮市に移転
1976年
初のプロビデオ用三脚を販売
1987年
経営方針を根本的に見直し、プロビデオ用三脚メーカーへの脱皮を目指す
1989年
本格的プロビデオ用三脚「Libec/リーベック」シリーズの誕生(Libec 50発売)
1991年
山口 実が代表取締役社長に就任
1993年
新人事制度の導入、経営戦略の明確化により経営基盤の強化を図る
1994年
小型ペデスタルP100を発売
1994年
本格的ENGヘッドH80を発売
1995年
「Libec/リーベック」ブランドでのマーケティングを開始
1996年
ソニー(株)へのOEM取引を開始
1997年
台湾企業との生産委託契約を締結し、海外生産拠点を確立
2001年
ジブアーム JB-30を発売
2007年
米国、ロサンゼルスにに販売子会社 Libec Sales of America, Inc. を設立
2007年
台湾、台北郊外に製造子会社 利拍精密工業/ Libec Technology Taiwan Co., Ltd.を設立
2009年
RSの販売を開始
2012年
ジブアーム SWIFT JIB50、リモートヘッド REMO30を発売
2013年
新三脚シリーズRSPLUSの販売を開始
2014年
New Style Tripod System "LIBEC ALLEX"を発売
2016年
エントリー三脚システム TH-X を発売
2017年
シンガポールに東南アジア地域の販売統括子会社 Libec Asia Pacific Pte. Ltd.を設立
2017年
自立式のビデオカメラ用一脚システム"HFMP"を発売
ページのトップへ戻る